どれくらいあるの?IT求人の種類とは

IT関係の仕事の種類は大別すると4種類

近年のインターネットの普及により、パソコンやスマートフォン、タブレットなどが急速に普及しています。なお、一般的な白物家電などでもマイクロコンピューターが搭載されるようになり、IT関連技術が搭載されています。今やIT関連技術がないと日常生活にも支障が出るほど需要の高い仕事になっています。IT業界での仕事は、大きく分けると4つに大別されます。「インターネット業界・Web関係業界」、「情報処理サービス業界」、「ソフトウェア業界」、「ハードウェア業界」の4つのタイプです。これらのIT関連の仕事が融合することで、私たちの社会は便利になっているのです。今回は、この4種類についてそれぞれ説明していきましょう。

それぞれについてご紹介

「インターネット業界・Web関連業界」は、ネットワークの構築やインターネット広告などを作成するお仕事です。企業のホームページを作ったり、ソーシャルネットワークを作ったり、ショッピングサイトを作ったりなどの仕事に大別できます。
「情報処理サービス業界」は、システムインテグレーターとも呼ばれていて、会社に対して情報システムの導入を行う仕事です。実際に設計業務はありませんが、最新のソフト・ハードの知識が必要になります。
「ソフトウェア業界」の仕事は、いわゆるプログラマの仕事です。オペレーティングシステムを開発する仕事と、アプリケーションソフトを開発する仕事に大別できます。
「ハードウェア業界」の仕事は、いわゆるCPU周りの回路を設計する仕事です。以前は、ハードウェアといえばパソコンを指していましたが、最近は一般家電にもマイクロコンピューターが搭載されているため、家電業界などでも働ける仕事です。

グラフィックデザイナーの求人は非常に人気があります。様々なグラフィックをデザインするので、やりがいを感じられるでしょう。